歯の矯正に関するお悩みはみんなの歯並び相談室へ@名古屋
HOME>歯並び相談室

見た目が気になるけれど

八重歯ってかわいくない?
私はずっと八重歯がチャームポイントだと思っていました。先日歯科検診で治したほうがいいといわれ、何でと思いました。
友達は八重歯がかわいいといってくれるんですが、治したほうがいいんですか。
八重歯がかわいいというのは世界的に見ても日本だけかもしれません。
アメリカやヨーロッパはもちろん、中国や、韓国でも忌み嫌われています。もっとも日本でも八重歯がかわいいというのは10代だけですが。八重歯をかわいいという感情を否定するわけにはいきませんが、少なくとも、健康美、機能美ではありません。
八重歯があると、その部分が汚れやすく、虫歯や歯周病になりやすいですし、歯や歯の根っこの形、位置から言っても顎の動きのガイドになるべき重要な歯です。
さらに、八重歯の位置によっては、口が閉じにくくなります。
最近はアイドルでも八重歯の人は減ってきたように感じます。一昔前は八重歯のアイドルがたくさんいました。
できるものなら八重歯を矯正して、健康美、機能美を取り戻しましょう。
装置が黄色くなってきました
矯正治療中のものですが、歯につけた装置が黄色くなります。何とかなりませんか。
歯に接着したセラミックブラケットは変色しませんが、ワイヤーをとめておくモデュールは変色します。
特に、カレーライスや赤ワイン、タバコなどは変色しやすいです。
もちろん、来院毎にモデュールは交換しますので、できれば来院前日をカレー日にしていただくといいのではないですか。
ただもし、ブラケットがセラミックではなくプラスティックのものであれば変色します。
変な色になるのを避けるためにも、最初からカラフルなモデュールを使用して矯正治療を楽しんでみてはいかがですか。
結婚式のときだけ装置をはずせますか
矯正治療中に結婚式があったら一時的に装置ははずせますか。とりあえずしばらくその予定はないけれど。
その場合三つくらいのうちから選択していただきます。

第一 そのまま装置がついた状態で式を挙げる。さらにカラーゴムなどを使って少し派手に目立たせる。例えばおめでたい席だからカラーゴムを紅白にするなんておしゃれだと思いませんか。

第二 歯に接着してあるセラミックのブラケットはそのまま残しておいて、金属色が見えるワイヤーをはずす。または一時的に透明なワイヤーに変える。ほとんど透明なセラミックのブラケットだけ残っているのですが、全く目立ちません。

第三 セラミックのブラケットもはずし、前歯には何もついていない状態にする。この場合、結婚式や、新婚旅行がすんで都合がついたらなるべく早めに装置を再装着します。患者さんのご都合で再装着することになりますので、1歯あたり2,500円のご負担が必要になります。
もちろん舌側矯正(歯の裏側の装置)はそのまま治療継続します。

昔は結婚式で花嫁さんはあまり笑わなくて、ほとんど歯を見せなかったけど、今の花嫁さんは歯をむき出しにして笑ってるから見えるよね。
歯を白くしたいのですが
歯が黄色っぽくて気になります。白くすることができますか。
着色歯、変色歯に対しての処置は大きくわけて3つの方法があります。 
第一の方法はメカニカルクリーニング。歯牙を研磨したり、エアーフローで清掃します。当院で対応できます。
第二の方法はケミカルクリーニング(漂白)です。当院では主にホームブリーチングを行っております。ホームブリーチングは患者さん専用のトレーを作成して、ご自宅でそのトレーに薬剤を注入して毎日約1~2週間使用していただくものです。このほかに診療室で行うオフィスブリーチングもあります。
第三の方法は歯に人工歯を接着したり被せたりする方法ですが、これも当院では行っておりません。
矯正治療中の患者さんにはメカニカルクリーニングで対応しています。

姉妹サイトhttp://www.newton-doctor.com/doctor/aichi6/kyouseishikaito/s42/をご覧下さい。
取りはずせる矯正装置があるって聞いたんですが
歯に接着するものでなく、自分で取り外しのできる歯のない入れ歯みたいな装置で矯正できますか。
取り外しのできる矯正装置はいろいろなものがあり、下顎の位置を修正したり、成長方向をコントロールしたり、舌の位置を変えたりする目的で使用したり、歯列を拡大するときにしばしば私も使用します。特に若年者の治療にはほとんどの患者さんに使用します。しかし残念ながらこれらの取り外しのできる装置だけできちんとしたかみ合わせ、歯並びを完成させられるのはむしろまれなことで、最終段階で、固定式の装置を使用することがほとんどです。
ちなみに私どもの場合、約100人に一人くらいの割合で、固定装置なしで仕上げることができました。
治療中の見た目が気になりますが
確かに矯正装置でも取り外しができないものは気になるでしょうね。
しかし一番気になるのはご本人です。周りの方はほとんど気づかないか、最初だけちょっとした反応があるだけのことが多いです。
少しでも目立たないように、私どもでは昭和54年の開業以来成人の患者さんには審美ブラケット(当時はプラスティック、現在はセラミック)を使用しております。現在では子供から大人まですべての患者さんにセラミックブラケットを使用しています。
しかしどうしても見えないようにというご希望の方には、歯の裏側に装置をつける舌側矯正も行っております。発想を転換して、カラフルな色を使って矯正治療を楽しんではいかがですか。
以前、アメリカのファッション誌で矯正装置をつけたモデルさんが表紙の写真で出ていました。むしろステータスと考えてもいいのではないですか。
最近ではトムクルーズが歯の表側に矯正装置をつけていましたよ。

姉妹サイトhttp://www.newton-doctor.com/doctor/aichi6/kyouseishikaito/s42/ をご覧下さい。
いつも口をあけています
私は歯並びは悪くないのですが、注意しないといつも口が開いてしまいます。なんだかみっともないので何とかなりませんか
いつも口をあけていると、前歯が出てきます。歯並びがいいといっても、それは上も下も歯が出ている可能性があります。歯が出てくるとさらに口が閉じにくくなるという悪循環に陥ります。
もともとの原因が、鼻や咽頭部の疾患であったとしても、その結果歯が出てきて、口を閉じることが困難になります。
この悪循環のサイクルをとめる必要があります。例えば、鼻、咽頭疾患の治療、口唇閉鎖力の増強、矯正治療による上下前歯の後退などが考えられます。
若年者の場合には、口唇閉鎖機能を改善することにより、上下顎骨の成長を正常に戻し、非抜歯での治療が可能になることも多いのですが、成人の場合には、小臼歯などの抜歯により上下前歯の積極的後退を行うことにより口唇閉鎖機能改善を図ることが多くなります。
当然のことながら自然な口唇閉鎖が得られれば、下顔面部の健康美、機能美が得られます。またご自分の歯の寿命を少しでも長くすることができます。